MENU

ハワイについて知ってみよう

みなさまALOHA~

みんな大好き南の島の楽園ハワイHAWAII
日本にいてもハワイの魅力を感じてほしい!
そんな思いから今回はハワイについて簡単にまとめてみました。

目次

ハワイの基本情報

正式な国名はハワイ州 State of Hawaii
1959年にアメリカ合衆国の50番目の州として登録をされた最も新しい州です。

ハワイはどこにあるの?

ハワイ諸島は、太平洋の中心に位置し北緯19度から29度、西経は150度から162度。日本から約6,200㎞離れています。島は、ほぼ一直線に並んで東西の距離は2,400㎞です。

ハワイはいつできたの?

約500万から600万年前に海底火山が隆起しプレートの移動によってカウアイ島と二イハウ島が誕生し、350万年前にはオアフ島、モロカイ島、ラナイ島、150万年前にマウイ島、50万年前にハワイ島が誕生したといわれている。現在もプレートは北西に移動し続けています。

ハワイの島はいくつある?

ハワイ諸島は大小合わせると132島。主要8島といわれていますが、観光客が訪問できるのはカウアイ島、オアフ島、モロカイ島、マウイ島、ラナイ島、ハワイ島の6島です。ニイハウ島は、個人所有で無断で上陸が出来ません。もう一つはカホオラヴェ島で、現在は無人島で一般人の立ち入りは禁止になっています。

ハワイの歴史が知りたい

約1500年前、ポリネシア人がマルケサス諸島から、潮の流れ、雲の動き、太陽、月、星の明かりを頼りにした航海術を使い、牛飼い座のα=アークトゥルス(ハワイ語でホクレア(喜びの星))を目印にして、約3,200㎞の長い距離をカヌーを漕いで、無人島だったハワイ島に初めて渡ったといわれています。

ハワイをさらに詳しく知ろう

州都:オアフ島ーホノルル
州の愛称:アロハ・ステート The Aloha State
州の花:イエローハイビスカス(ハワイ語でマオハウヘレ)
州の木:ククイ
州の魚:フムフムヌクヌクアプアア(豚のように鳴く角ばった魚という意味)
州の鳥:ネネ(ハワイガン)ネーネーと鳴くことから名付けられた
州歌:ハワイ・ポノイ カラーカウア王が作詞 、ヘンリー・バーガーが作曲をし、かつてはハワイ王国国歌だった。1967年に公式州歌に認定されました。

面積:陸地16,635㎢
水域面積11,676㎢
総面積:約28,311㎢

人口:約140万人(2020年当時)
公用語:英語とハワイ語
日本との時差:-19時間
通貨:USドル

ハワイ主要8島の特徴

カウアイ島

愛称:庭園の島 The Garden Island
島の色:紫(ハワイ語でポ二)
島の花:モキハナ

カウアイ島は、ハワイ諸島の最北端に位置し、4番目に大きい島です。大部分が熱帯雨林のこの島は「ガーデンアイランド」と呼ばれ雄大な自然が広がっています。太平洋のグランドキャニオンと呼ばれるエメラルド色したワイメア渓谷。全長約25㎞、標高約1,000ⅿの断崖絶壁を湧水が流れ落ちる絶景のナ・パリ・コーストは車で行くことが不可能で、トレッキング、クルーズツアーもしくは遊覧飛行で臨むことができます。シダの洞窟は恋人と行くと永遠の愛を約束されるとか。プウ・オ・キラ展望台、ワイルアの滝、ハナレイ湾等々緑豊かな美しい大自然が体感できる人気スポットが沢山あります。「ジュラッシック・ワールド」「パイレーツ・オブ・カリビアン」など数々のハリウッド映画のロケ地になっており「太平洋のハリウッド」とも呼ばれています。

オアフ島

愛称:集いの島 The Gathering Place
島の色:黄色(ハワイ語でメレメレ)
島の花:イリマ

人気の観光地ワイキキは世界中からたくさんの観光客が訪れる場所で、島の象徴ダイヤモンドヘッドや有名なワイキキビーチをはじめとする美しい数々のビーチがあります。ファミリーにおすすめなのは、体験型マリンパークのシーライフ・パーク・ハワイ。サンセットディナークルーズは本場のフラとポリネシアンショーも魅力のひとつ。ショッピングセンター、人気グルメ店、ワイキキビーチ周辺に立ち並ぶリゾートホテル、カメハメハ大王像、イオラニ宮殿、パールハーバー(真珠湾)、サーフィンの大会で有名なノースショア、ワイキキから車で20分のところにあると思えない、まるでジャングルのようで霧雨と虹が有名なマノア渓谷など、都会的な部分と大自然の両方が楽しめる魅力的な観光スポットがあふれる島です。

モロカイ島

愛称:友情の島 The Friendly Island
島の色:緑色(ハワイ語でオーマオマオ)
島の花:ククイ

フラ(フラダンス)発祥の地で知られているモロカイ島は、観光化が進んでいないため、人の手が加えられていない素朴で豊かな自然がたくさん残っています。カラウパパ半島には、1,000mを超えるほどの世界で最も高い岸壁としてギネスブックに認定された、カラウパパ国立歴史公園があり、1870年代にはハンセン病患者の隔離施設があったことでも知られています。モロカイ島で最も歴史の古いハラヴァ渓谷、最長5km に及ぶ白い砂浜のパポハクビーチ、ショッピングエリアのカウナカカイには、人気のカネミツベーカリーがあります。ヤシの木より高い建物が無く、信号も無いこの島で、ゆっくりとハワイの古き良き時代を感じることが出来るでしょう。

ラナイ島

愛称:パイナップル島(The Pineapple Island) 魅惑の島などとも呼ばれている
島の色:オレンジ色(ハワイ語でアラニ)
島の花:カウナオア

ハワイ州で最も人口の少ない、わずか3,000人の人々が暮らすこのラナイ島は、「ハワイ最後の楽園」と呼ばれ、手つかずの自然が残り信号が一つもありません。かつては、輸出用のパイナップル産業が盛んで、パイナップルアイランドと呼ばれ親しまれていました。ケアヒアカヴェロは「神々の庭園」と呼ばれ夕日に染められた荒野は神秘的。座礁した難破船「リバティ号」が今でも残るカイオロヒア湾(シップレック)。悲しい伝説が残るプウぺぺ(スイートハート・ロック)は島のシンボルとなっています。宿泊施設は高級リゾートホテルフォーシーズンズが2軒とロッジ風のホテルラナイが1軒。ラナイシティは島の唯一の町で住宅地、ショッピング、レストラン、ドール公園、ガソリンスタンド、フォーシーズンズホテル2軒中の1件はここにあります。銀行、教会、博物館などもここに集まっています。

マウイ島

愛称:魔法の島(The Magic Island) ,神の島(The God Island),渓谷の島(The Valley Island)
マウイ島は複数の愛称で呼ばれている。
島の色:ピンク色(ハワイ語でアーカラ)
島の花:ロケラニ(ダマスクローズ) 

人気観光スポット、ハレアカラ国立公園には標高3,055ⅿ、総面積120k㎡のハレアカラ山があり、朝日と夕日、星空、そして雲海が絶景です。パワースポットとして有名なイアオ渓谷州立公園はひんやりとした空気が神秘的。ここにある、クカエモくという岩は針が天に向かって、高々と建っているように見えることから、イアオ渓谷の針=イアオ・ニードルと呼ばれています。無人島のモロキニ島は、ビーチの透明度が高く熱帯魚やサンゴ礁が美しいことでダイビングやシュノーケリングが人気です。島の西部にあるラハイナは、多くのショップやレストランが建ち並んでいます。ハワイ王国時代の遺跡が残り古代ハワイの歴史に触れることができるラハイナ港の前に有名なバニヤンツリーという大きな木があり、ラハイナのシンボルとなっています。島の南西部には人気のリゾートエリアのワイレア、カアナパリなど、ほかにも見どころがたくさんある島です。

ハワイ島

愛称:ビッグアイランド Big Island
島の色:赤色(ハワイ語でウラウラ)
島の花:オヒアレフア 

ハワイ島はハワイ諸島と区別するためにビッグアイランドと呼ばれています。ハワイ島の山のひとつ、マウナケアの標高4,205mの山頂付近に、マウナケア天文台群があります。常夏のイメージがあるハワイですが、冬に雪が降り積もり白くなります。ここは空気が澄んでおり、1年のうちで晴天の日が多く天体観測に適していることから、世界各国の政府機関の望遠鏡13基が集まっています。ここは、星空の鑑賞も人気の場所です。
キラウエア火山はハワイで唯一の世界遺産。「ハレマウマウ火口」はハワイ神話に出てくる火の女神ペレの住む場所といわれている。溶岩の海原を見られる絶景のドライブーコースがおすすめですです。
ワイピオ渓谷は、王の谷と呼ばれマナ(神聖な力)が宿る場所といわれています。断崖から流れ落ちる滝の谷底のワイピオ川も魅力です。
東海岸にあるヒロの町のカメハメハ通り周辺は、築100年以上の建造物が多く、リリウオカラニ植物園やハワイ大学、ヒロ・ファーマーズマーケットなどがありカラフルで可愛い建物が並ぶダウンタウン、最も権威のあるフラの祭典メリーモナークが開催されるのもこのヒロの町です。

ニイハウ島

愛称:秘密の島 The Mystery Island
島の色:白(ハワイ語でケオケオ)
島の花:ニイハウ島は花ではなくププシェル=ニイハウシェル

この島は、ロビンソン一家が個人所有しているため、無断で上陸することはできません。出入りできるのはロビンソン家の人間と、住人、カウアイ群の関係者のみとなっています。
普段立ち入ることの出来ないこの島ですが、ロビンソン家の経営するヘリコプターツアーが不定期に開催されているそうなので、ニイハウ島に興味のある方はチャレンジしてみるのも良いかもしれません。

カホオラヴェ島

愛称:禁断の島 The Forbidden Island
島の色:グレー(ハワイ語でアーヒナヒナ)
島の花:ヒナヒナ

カホオラヴェ島は、ハワイ諸島主要8島の中で1番小さい島で、マウイ島の沖合約13㎞のところにあります。
過去には、罪人の流刑地、米軍の軍事演習場としても使用され無人島でしたが、先住民による長年の返還運動により1993年に米軍からハワイ州に返還をされました。残骸撤去、植林など、島を復活させる活動が行われていますが、今でも不発弾が多く残っているために一般人の上陸は禁止されています。


今回はハワイの基本情報と主要8島の特徴のお話をさせていただきました。
今は、お出かけが思うように出来ない日々が続いていますが、今だからこそオンラインを活用して旅を楽しむのも良し、今のうちに情報収集して、コロナ禍が明けた際のご旅行のプランの参考にしていただけたら嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。Maharo~


よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

昭和生まれの夫婦です。
妻はハワイ好き、そしてフラをこよなく愛しています。
フラは2019年から始めてます。
夫の私は2019年からウクレレを始めましたが、最初の1年間はあまり弾いていませんでした。
今では毎日30分〜1時間は練習してますね!
ボディーボードは30年前からやっていますが、最近はなかなか海に行けてないですね!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
閉じる